男性向け恋愛本 基本書 心理本

モテる基本を学びモテない男を脱却!女の心理が分かる5つのポイント

更新日:

恋愛上手になるための心の法則

恋愛上手になるための心の法則

女性心理を知ってモテない男を脱却しよう!

女性との会話の仕方から心理学、デートの組み立て方といったいつまでも覚えておきたい内容です。

【概要】
amazon引用

第1章 彼女の心をうちとけやすくする(不思議な縁を強調したり、マメな連絡で“運命の赤い糸”をつくる/“面倒な仕事”に喜んで協力してあげて、出会いをつくる ほか)/

第2章 彼女に特別な感情を抱かせる(完璧な男よりちょっとだらしないスキのあるほうが、母性本能を刺激する/“おもしろくて退屈しない人”は、重宝がられるだけで恋の勝者にはなれない ほか)/

第3章 ノリのわるい彼女をかきたてる(ヘアスタイルなど小さな変化に気づいてあげて、好感度を得る/彼女のたわいない話にも、真剣に聞いてあげられる余裕をもつ ほか)/

第4章 彼女の心をゆさぶりすべてを許させる(夕方の口説きは、周囲の目を意識しなくてすみ、警戒心がゆるむ/大勢が騒ぎ興奮する場所の後は、静かな場所で二人っきりになる ほか

 

【ポイント】

 

●1.ほかの男性の悪口を言わない

そもそも女性が人の悪口を好むのは、人をけなすことで優越感にひたったり、自分の抱いているコンプレックスを補償しているからである。

彼女たちは、そうして自分たちの心理メカニズムをよく知っているだけに、人の悪口を言う男に接すると、自分のイヤな一面を見せつけられたようで、どこか情けなく思うのである。

 

女性は悪口を言ってても、男性が悪口を言うのは許せないんです。ずるいですね。
自分の嫌な一面を見ているような感じになってしまてるんですね。モテるためには悪口は我慢しておきましょう。

 

 

■2.女性のたわいもない話も真剣に聞く

会話に情報や意見の交換といった機能面を期待する男にしてみれば、たわいもない女性の会話に耳を傾けるなどは、単なる時間つぶしに見えるかもしれない。

しかし、女性にとっては、話をすること自体が重要であり、自分の言うことを一生懸命に聞いてくれる男性には、それだけで心を開いていくのである。

 

男は会話に価値を見出すため結論がある話し方をします。それに対して女性は会話をすること自体が目的であるため、男性がしてしまいがちな解決策の話をしてはいけないんです。

 

会話が目的なのですから、ちゃんと会話を聞いてあげるだけでポイントアップです。男性としてもワザワザ面白い話とか価値のある情報ばかりを話さないといけないと思って緊張する必要はありませんね。

 

 

●3.引きぎわをよくして、気持ちをひきつける

 要するに男性は、何ごとによらずあれこれ思い迷うより、行動を起こしてしまうことが多いのに対し、女性は警戒心、防衛心が強いから行動を見送ることが多い。そのため、女性はしばしば「あのときこうしておけばよかった」と悔やむハメに陥る。

 

女性にメールを無視されたりした時のことですね。男は引き際が肝心です。好きだと言う気持ちは分かりますが追撃メールばかりしてしまうとマイナスの印象になってしまいます。

 

残念ですが一度無視された場合はその時にチャンスはありません。もう自分は相手に気持ちが無いよぐらいの気持ちで他の女性を探しましょう。その間に好きだった相手が心変わりして自分に気持ちが向いてきたら再度アタックしてみましょう。

 

女性は追いかけると引いてしまうものです。自分のことをおいかけさせるぐらいの余裕を持ちましょう。

 

 

●4.女性に決断をさせない

 本来、女性というものは、まだ信頼感を抱いていない相手から決断を迫られたときには、ひどくあいまいな対応をすることが多い。
 要するに女性は、男女のあいだのことがらには自分で責任をとりたくなくて、できることなら、なるべく相手の男性に決断してもらい、かつ責任をとってもらいたいのである。

 たとえば、「今日はもう帰りますか、それとももう少し飲みますか」ときかれれば、男ともうすこしいっしょにいたいと彼女が思っていても、「飲みます」とはなかなか返事がしにくい。こんなときは、「飲みにいこう」とだけ言えばいいのである。
 彼女が黙っているなら、「イエス」の返事だと考えてまず間違いないから、そのまま、彼女の手を引いて行けばいい。

 

これぐらいスマートにリードしたいですね。女性は自分が責任をとらなくて良いような言訳をさがしています。例えば相手の男性が強引だったからとかな簡単な理由でいいんです。

 

モテない男性は女性のことを思ってどんな事をしたいのか要望を聞いたりしてしまいますが、女性が望んでいるのは男性が決断してくれることなんですから要望を聞いてあげることは優しさになりませんね。

 

女性は自分が望んでも恥ずかしいことは言えないので女性のためを考えたら自分が強引にリードしてあげましょう。

 

 

●5.にぎやかな場所から静かな場所への移動で、女性の心を開かせる

 とくに、初デートで女性が緊張しているようなときは、静かな場所よりも、人がいてにぎやかすぎるくらいのところのほうが、女性も安心しやすい。
 こうしたにぎやかな場所やお祭りやイベント、ロック・コンサート、カーレースなど、多くの人が騒ぎ、興奮する場所に彼女を誘ったのち、静かで落ち着いた散歩道とか、あるいは人のうるさくないしゃれたレストランなど、二人だけの静かな場所に移動すれば、女性も二人だけという状況を、あまり抵抗を感じないで受け入れることができよう。

 

初めてのデートは誰でも緊張しますよね。そんな時に静かな場所に行ってしまううと沈黙なんて重い空気になってしまいます。

 

まずは場の力に頼って、行くだけで楽しいと感じる賑やかな場所に行きましょう。集団の心理で他の人が騒いで楽しんでいるところなら自分も楽しくなってきます。

 

その後に静かな場所に移動して雰囲気を作り出しましょう。

 

 

【感想】

古い本の改正版のようです。いつの時代も人の心理は変わらないんんですね。
基本的な内容のモテるための本です。女性との会話の仕方から心理学、デートの組み立て方といったいつまでも覚えておきたい内容です。

 

何事も基本が大切です。本書の様な恋愛に関する本を読んでモテない男を脱却できるように頑張りましょう!

 

 

本を良く読む人はAmazonプライムを使わないと損

男性ならAmazonを使っている人は多いと思います。

プライム会員は年会費3,900円なので即日便ぐらいの機能ならわざわざ利用しなくても良いと思っているかもしれません。

しかしプライム会員になれば毎月Kindleで本を1冊無料で読むことが出来ます。

ベストセラーやコミックを含む2万冊以上の和書の中から好きな本を選ぶことが出来ます。

3,900円を1月分で考えるとたったの325円です。この金額で好きな本が1冊無料なのですから使っていないと損です。

特にAmazonを普段利用していて、キンドルも使っていて、毎月1冊本を読むなら登録して損することはありません。

まだ登録していない人は一度登録してみては?

もちろんAmazonならではの他にも沢山の特典がありますよ。

>>Amazonでプライムの詳細を見てみる

春は出会いの季節「彼女が欲しい」「何とか現状を変えたい」学生や社会人へ

  • 女性に縁が無い
  • 出会いが無い
  • 今まで彼女がいたことが無い
  • 女性に慣れていない

という方ぜひ下記から女性に会うための方法を確認して下さい。

私も女性経験が少なく女性が苦手でしたが、出会い系を使うことで女性に慣れることが出来ました。

春は出会いの季節ですが、どうしても女性に慣れていないと声を掛けることも出来ず、せっかくのチャンスを逃すことになります。

女性に慣れるためには場数を踏む必要があります。

  • 自分から積極的にいけない
  • いきなり女性と話すのは難易度が高いと思っている

出会い系はメールからなので会話が苦手でも大丈夫。

女性も出会いを求めて登録しているので無料アプリや掲示板と違い会える確率が断然に高いです。

今女性に苦手意識を持ってしまっている人でも簡単に出会いの数を増やすことが出来ますよ。

リアルでの出会いをゲットするにも、まずは女性慣れです。

そのために今から女性に慣れるようにハードルの低い方法で練習しておきましょう。

出会い系サイト攻略バナー

-男性向け恋愛本, 基本書, 心理本
-, , , , ,

Copyright© メンモテ|恋愛初心者の真面目な男がモテるための情報サイト , 2017 AllRights Reserved.