男性向け恋愛本 その他本

モテない男性に1ヶ月で彼女を作る!ビジネス論理を展開した恋愛本

更新日:

Q.「仕事ができない」「容姿もさえない」「彼女いない歴=年齢」の男性に1ヵ月で彼女を作ってください。
Q.「仕事ができない」「容姿もさえない」「彼女いない歴=年齢」の男性に1ヵ月で彼女を作ってください。

ビジネスで学ぶモテない男性に1ヶ月で彼女を作る方法

 

【概要】
amazon引用

もてない「ダメ男・佐々木君」がマーケティングのエキスパートである上司のアドバイスで見事彼女をゲットするまでの物語で、「SWOT分析」やターゲットマーケティング、マーケティングミックスなどの手法を無理なく・わかりやすく解説。初めてマーケティングを学ぶ人、基礎からもう一度学び直したい人にぴったりである。

 

【ポイント】

 

●1.マーケティング環境分析を行う

「そうね、佐々木君を取り巻く環境つまり佐々木君の周りにどれだけ女性がいて、どんなライバルの男性が存在しているのかを把握したり、佐々木君白身の外見や性格、年収を調べたりすることが第1ステップのマーケテイング環境分析になるわね。その後、第2ステップの標的市場の選定に進むわけ。ここでは、佐々木君にぴったりの女性がいる標的市場を見つけ出すことが、最初にやる作業になると思うわ」

 

まずは自分の価値を整理して、自分の価値に合う市場を見つける。

 

 

●2.マーケティングミックスの最適化を図る

「ダイエットしたり、身だしなみをしっかりするのも、自分自身の"商品"の改善策だったりするわよね。他にも、自分を売り出すために婚活サイトに登録したり、積極的に社内のサークル活動に参加したりするのも、茜の言う広告プロモーションの最適化につながることになるのよ。

それらの活動をすべてひっくるめて一番いい男に見せるのが、あたなにとっての『マーケティングミックスの最適化』なのよ」

 

自分の価値を高め、宣伝を行う。

 

 

●3.セグメンテーションで対象を絞り込む

「自分の好みだと思われる女性を数人まで絞り込んで、その子たちと満遍なくお話をして、その中から、自分に好意を持っていそうな女性だけを選んで、その人をターゲットにしてアタックをかける……だったら、どうかしら?」「それだったら、僕、大丈夫のような気がします」 佐々木の表情が明るくなった。

「いきなり一か八かで1人に絞るんじゃなくて、ある程度、自分とつきあってもいいという複数の人たちと会ったほうが、なんとなくいい人と出会えそうな気がします」
「それと同じことよ。広すぎてもダメ。かといって絞りすぎてもダメ。これがセグメンテーションの難しいところだったりするのよ」

 

自分に好意がある女性を選ぶ。いきなり一人に絞り込むのではなく複数を視野にいれる。

 

 

●4.プロダクト・ポートフォリオ・マーケティング(PPM)で資源を最適化する

「このPPMと、佐々木さんをモテ男にするための改善策が、どう関係してくるんですか?」 茜の質問に、美緒は「佐々木君のPPMをまずは作ってみるのよ」と言って、新たなPPMに佐々木の特徴や性格などを書き記した。「佐々木君の持っている々限られた経営資源々を、どうやって有効に使ってポートフォリオを組めばいいのか考えたんだけど、どうかしら」

美緒がPPMを書き終わったとたん、茜は腹を抱えて笑い始めた。「このPPM、ちょー面白いんですけど!」

 

 

●5.価格はこちらの都合だけで決めてはいけない

「そんなにあるんですか!」「これでも少ないぐらいですよ。ここでデートの常識をマスターしないと、彼女ができたとたんに3時間ぐらいでフラれちゃいますよ」「でも、デートになったら、ありのままの自分をさらけ出せば――」

佐々木が言葉を続けようとしたとき、美緒が「それは違うわ」と言って、茜と佐々木の会話に割って入ってきた。「"ありのまま"なんてダメよ。自分の価値を自分自身で高めなければ、市場で高い"価格"で自分のことを売ることができないわよ」

 

ありのままを受け入れてもらおうとしてもダメ。相手に価値がある存在になる。

 

 

●6.最適なチャネルを考える

「ということは、佐々木さんを"消費者"である女子社員に流通させるために、私たちは最適なチャネルを見つけ出さなくてはいけないってことですね」茜は顔をほころばせながら、前のめりになって美緒に話しかけた。

「そうね。最初は、中間業者としてお見合い相談所か合コンをセッティングしようかと思ったけど、ここは『0段階チャネル』の直販が良さそうね」「美緒先輩、ここは『1段階チャネル』でいくのはどうですかね。私の社内の同期入社の女子社員を使って、佐々木さんを売り込むのに協力してもらうんですよ」

 

 

【感想】

ビジネス書を読んでいるかのようなモテる本です。モテる本で紹介しますがビジネス書とかが苦手な人でも恋愛内容が絡ん出るので興味を持って勉強できてしまうかも。マーケティング分析というのは、私自信は一目惚れ派なので苦手です。
どうしても自分の中で好きな対象を絞っていってしまうのでモテないんでしょうね。

 

まずは自分の価値はどんなところにあるのか?そしてどんな市場であればそのような需要があるのかを分析していきます。そして、自分自身の価値を高めるためにはどこを改善していけば良いのか、どのようにプロモーションしていけば人気がでるのかなど完全にビジネス書のような内容です。論理的に考える人に対してはすごい参考になるでしょう。

 

私が特に参考になった二点

セグメンテーション・ターゲッティング私はいつも一点に絞ってしまうのので、セグメンテーションを考えて自分の強みを評価してくれる人がどんな人なのか(好意)を探りそれをしっかり分けて、その中から徐々に自分が興味合う人に標準を合わせて絞っていく手法は考えて行動したいです。

 

価値は自分の都合で決めない、自分の価値を考えても結局は相手がどう評価してくれるかは相手次第であって、ありのままではなくて自分の価値を高めていかないといけない。女性と付き合ったとしてもその後も怠けないで相手の評価を上げていきたいものです。

 

すべて恋愛の事が書いてあるわけではないので読む人を選ぶかもしませんが、論理的に考えてしまう真面目な方にはオススメです。

 

 

本を良く読む人はKindleの無料読み放題がお得

恋愛本って本屋で読むのは恥ずかしい人もいますよね。

そんな人にはKindleなどの電子書籍はオススメです。普段書いづらい本でも書いやすいのが良いところです。

また恋愛本をこれから色々読もうと思っている人はKindleアンリミテッドの読み放題もオススメです。

恋愛本の中でも賛否両論で人気がある横山健(ナンパ師)の本も定額で読めてしまいます。

通常1,620円が2冊あるので、1ヶ月だけ体験してこの2冊を読むだけでもかなりお得ですよ。

しかも初回は30日間無料で利用出来ます。
Kindleを持っているなら1度試してみましょう。

この夏「彼女を作りたい」「何とか女性との出会いが欲しい」学生や社会人へ!

  • 女性に縁が無い
  • 出会いが無い
  • 今まで彼女がいたことが無い
  • 女性に慣れていない

という方ぜひ下記から女性に会うための方法を確認して下さい。

私も女性経験が少なく女性が苦手でしたが、出会い系を使うことで女性に慣れることが出来ました。

女性に慣れるためには場数を踏む必要があります。

  • 自分から積極的にいけない
  • いきなり女性と話すのは難易度が高いと思っている

出会い系はメールからなので会話が苦手でも大丈夫。

女性も出会いを求めて登録しているので無料アプリや掲示板と違い会える確率が断然に高いです。

今女性に苦手意識を持ってしまっている人でも簡単に出会いの数を増やすことが出来ますよ。

リアルでの出会いをゲットするにも、まずは女性慣れが必要です。

そのために今から女性に慣れるようにハードルの低い方法で練習しておきましょう。

これからの夏休みは「男女共に」恋愛気分になる季節です。

そのため出会い系でも1年を通して1番女性の登録者が増える時期でもあります。

この時期だけは「ワンナイトラブ的な出会い」~「暇だから付き合いたいという」女性が急増します。

出会い系サイト攻略バナー

-男性向け恋愛本, その他本
-, , , ,

Copyright© メンモテ|恋愛初心者の真面目な男がモテるための情報サイト , 2017 All Rights Reserved.