テクニック本 男性向け恋愛本 身だしなみ本

ホステスに学ぶモテる男の身だしなみから夜の営みテクニック

投稿日:2015年4月29日 更新日:

千人斬りの銀座ママに学ぶ!  モテる男のセックス流儀
千人斬りの銀座ママに学ぶ! モテる男のセックス流儀

ホステスに学ぶモテるためのテクニック

モテるためのテクニックから身だしなみ、セ○クスのことまで幅広く書かれております。今回はモテにつながるポイントをまとめてあります。

 

【概要】
amazon引用

モテる男は、言葉で女を濡らすことができる! これさえ実践すれば、いい女が絶対に貴方から離れない。女がときめく男性、離れたくないと思う男性は、決してその社会的地位や、お金を持っているかどうかに比例しないということを。

女性に本物の快感を与えるのは、ちょっとした会話や振る舞い方、優しい愛撫の仕方の積み重ね。それをセ○クス流儀と呼びます

 

 

【ポイント】

 

●1.化粧をしない男こそ、眉毛を整えるだけでモテる

化粧でごまかせない男性にとって、眉毛のサイズ、形は顔立ちを大きく左右します。剃る必要はないんです。髪の毛を切るついでにちょっとハサミでカットしてもらえばいいのです。細すぎず、太すぎない絶妙な眉毛で、自分のべストな顔立ちを見つけてください。

 

眉毛を切るだけでかなり印象が変わりますからね。絶対にに眉毛のお手入れはするべきです。

※コチラも参考に【モテるための身だしなみ】 印象の変わりやすい眉毛のお手入れをしてイケメンになろう

 

 

●2.靴とバッグはいいものを

 近頃のスーツはそれほど高い品物でなくても、サイズがぴったり合っていればそれなりにさまになります。ですが、モテない男性は靴とバッグのセンスがいまひとつです。いい歳をして、布かビニール素材のバッグをぶら下げたり、ラクかもしれないですが、スニーカータイプのシューズを履いていたり。

これでは大人の男性の魅力が立ってきません。服はユニクロなどのファストファッションで構わない。しかし、靴とバッグはできるだけいいものを選ぶのがモテる男の流儀。

 

靴とバッグは高くても良いもの。女性は手先など端をよく見ていますので手を抜かないようにしましょう。革製品はしっかりお手入れすれば長く使えますので、良い物を買ってもいいですよね。

 

 

●3.深い仲になるまでは、綺麗で美味しい店を選ぶ

汚いけれど旨い焼肉屋や、頑固オヤジのいるお好み焼き屋といったB級グルメは、1回セ○クスしたあとにして。女性は、店のランク=自分の評価だと見ています。料理のセンスがよく、内装やインテリアも素敵で、優雅な気分に浸れるお店のほうが断然喜ばれます。

 

女性は雰囲気を大切にしますからね。美味しくても汚いような店は付き合ってから言ったほうが無難かもしれませんね。

 

 

●4.アプローチする時間帯を考える

たとえば、終業時間から少したった頃、化粧直しも終わり、デパ地下でお惣菜でも買って帰ろうかなと思っていたタイミングで、彼氏から「今すぐ会いたい」と熱烈メールが届いたなら「嬉しい!」と即デートに応じるでしょう。

これが家に着いて、すでにすっぴんとノーブラの状態でくつろいでいる時に「今すぐ会いたい」と誘われても、「え~、これからですか?」という反応に変わります。夜にずれ込もうものなら、「今日は、マニキュアを塗り直して、ゆっくりしようと思っていたのに」と、億劫な気持ちのほうが先に立ってしまうのです。

 

時間帯と言うのは大切です。時間帯によって気分が違うものですから、相手の行動を考えてアプローチする必要はありますね。

 

 

●5.まずは、女友達と話す機会を増やす

考えてもみてください。お茶を飲んだり、ご飯をを食べに行ったり、カラオケに行ったり、相談に乗ったり乗られたりと、セ○クス以外は彼女も女友達もしていることは一緒。ですから、女友達を相手に、男をアゲる練習を積むといいのです。

女性の変化に目を配り、あらゆることを褒めまくり、聞き役に回って気持ちよく話をさせてあげる。そして、ドアマンやポーターもスマートにこなせるようになれば、彼女ができた時に余裕をもって接することができるというもの。しかもいい女は美味しい店の知識に長けています。彼女が喜ぶ美味しいお店を教えてもらうことだってできるのです。

 

女友達をつくることは大切。話す練習にもなるし、今なにが人気あるかなどの流行も聞けますからね。何事も経験が必要です。まずは女性の友達を作れると色々なことが知れてモテる男に近づけますね。

 

 

●6.暇な時よりも、むしろ忙しそうな時を狙う

忙しい女ほど、癒しを求めています。女を脱がせたいならば、暇な時よりも、むしろ忙しそうな時を狙って、「疲れているみたいだね。一杯付きあうよ」と誘い、彼女の愚痴をとことん聞いてあげる。女もやはり、愚痴をとことん聞いてくれた男は愛しくなるものなのです。忙しい女ほど、心を預けた男には、本音を口にする。そんな時に、「今日このまま帰らなくても大丈夫?」と訊いてしまえば、コクリ、と領く可能性も大なのです。

 

暇な時に誘ってしまいがちですが、忙しい時ほど愚痴が溜まっているもの。そんな女性の話を聞いて仲良くなりたいですね。

 

 

【感想】

やはり見た目というのは重要ですね。イケメンである必要はありませんが、身だしなみはしっかりしておかないと、その時点で女性からは候補から除外されてしまいますからね。

 

本書では身だしなみの基本、デートの気配り、ベットでの作法まで流れで分かりやすく解説されているます。読んでみる実践してみたくなるテックニックもありました。セ○クスのことに関してもどうしたら良いか指南が書かれていますので興味がある方は本書を読んでみてください。

 

 

クリスマスまで「彼女が欲しい」「何とかしたい」人へ

・女性に縁が無い
・今まで彼女がいたことが無い
・女性に慣れていない

という方ぜひ下記から女性に会うための方法を確認して下さい。

私も女性経験が少なく女性が苦手でしたが、出会い系を使うことで女性に慣れることが出来ました。

女性に慣れるためには場数を踏む必要があります。

・自分から積極的にいけない
・いきなり女性と話すのは難易度が高いと思っている

出会い系はメールからなので会話が苦手でも大丈夫。
女性も出会いを求めて登録しているので無料アプリや掲示板と違い会える確率が断然に高いです。

今女性に苦手意識を持ってしまっている人でも簡単に出会いの数を増やすことが出来ますよ。

出会い系サイト攻略バナー

-テクニック本, 男性向け恋愛本, 身だしなみ本
-, , , , ,

Copyright© メンモテ|恋愛初心者の真面目な男がモテるための情報サイト , 2016 AllRights Reserved.